stussyの話をする

stussyの話をする

通称、脂肪燃焼おつけともよばれている、シェープアップおつけによるシェープアップをご紹介いたします。

まっさきに、シェープアップおつけとは、7日間前に決められたメニューと、ベジダブルおつけを主流に摂取するというおつけシェープアップテクニックに使用されるベジダブルおつけの事です。

おつけシェープアップの注意点をいくとおりか例を出してお話ししてみましょう。

まず一つ目の決まりごととして、シェープアップおつけはつねづね量を注意を向けることなくお好みなだけ飲食できます。


おつけシェープアップにはこんな様なおおざっぱなところがあって、それが価値とも述べることが可能なでしょう。

メニューに従ったたべものを7日間摂取する楽なシェープアップテクニックです。

おつけシェープアップをやり通す間は、揚物やパンなどのような小麦粉を用いたものを食してはならない決まりになっています。

飲物の際、糖分が含有されていないブラックコーヒーやお茶、ミネラルウォーターなど、続いて100%であれば果汁も大丈夫です。


アルコール飲料や炭酸飲料も少しもタブーとなっており、砂糖をはじめとする全ての甘味料がNNGです。

もしもアルコール飲料を前日に飲んでいて、体中にまだ残存しているようであれば、丸1日後におつけシェープアップをはじめます。

シェープアップ中のメシの中で、肉を摂取する日が固定していますが、肉は牛肉以外の脂身の含まれていない豚肉、加えて油をつかわずに調理した鶏肉、あるいは煮魚を摂取するようになっています。

おつけシェープアップはいうなれば絶食シェープアップにかかわるもので、1日の営養吸収量がかなり衰えてしまう日もあるので、シェープアップをやり通すときは体の調子抑制に警戒し、決して強行突破をはからないようにしないとダメです。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonnnakai.info/mt/mt-tb.cgi/820

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)