ヨネックスがとっても

ヨネックスがとっても

古谷徹さんは、「巨人の星」の星飛雄馬役とネタのTVマンガのしゅじんこうをえんじておる事が沢山ひとだそうです。
としはもいかない子供の時期為かつやくやってたけども学習に専心するにあたってかつやくをストップしてたのですね。
その後復職して結構かつやくやってたらしい。

おおかたねっけつなキャラクターをやる感覚がインパクトあっただそうですけども、悪役等演じわける事もかのうで、
TVマンガはたまた語りと、かなりの地点でかつやくしているようだそうです。


古谷徹さんはガンダムの一番のシリーズのしゅじんこうを演じたという事でおそろしく愛着があり、
長い間ガンダム関連のイベントに出演しちゃう事が沢山らしい。

また、古谷徹さんは、パソコンに詳しく、パソコンの向け定期刊行物にことばが載っているようで、
WEBサイトでに熱中している人とやりとりしたりとまさかな姿もあるんですよ。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonnnakai.info/mt/mt-tb.cgi/962

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)