JENNIと私

JENNIと私

はじめは医療語句として利用されていたDietという単語は、近ごろでは食餌治療のみならず広範に軽減という趣旨で用いています。

急ピッチなDietは筋力や免疫を減少させるため、ウェイトをへらそうとひた押しすると健康を悪くする懸念があります。


重ねて、軽はずみなDietで筋肉がゆらぐと脂肪を燃やす同化作用力がおちるため、細くなりにくくなるのです。

このコンディションが持続してしまうと、きゃしゃなのにぶくぶくになっている体、隠れぽってりに変身していきます。

体の冷えやすい人、癖になった肩コリに苦悩されている人、秘結な人も、筋肉が減少しているせいと予想されます。

短期間の集中的なDietで2キロや4キロの軽減に達成したというトキも存在するのですが、急ピッチなDietは脂肪は絞れずに水分をなくしているだけということが存在するのです。


ウェイトがコンパクトになったからと言って、言うほどに脂肪が減ったわけではなく、思い違いをしているだけということも存在するのです。

例を挙げますと、9,000キロカロリーもの精根は女の人5日分程度のメシボリュームに相当しますが、脂肪では精々1キロ分です。

Dietクラブにいって地道にDietをすることで、脂肪を次第に燃やすこともやれます。

太刀打ちできないDietにならないように気をつけながらも、うまくウェイトを減退させていく計画を組んで実際にすることができる施設がDietクラブと言えます。

メシのボリュームをチェンジさせずに、7日間に2回、1時間の間のスポーツクラブでの運動を取り入れたトキ、新入りでも約400キロカロリーを使います。

一年では38400キロカロリー、約4キロの脂肪が減衰する成算になるのです。

Dietクラブは地道に継続することができるのが大成の要です。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonnnakai.info/mt/mt-tb.cgi/767

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)